最近やってる英語の勉強

まだまだへっぽこなので勉強している。

主にやっているのは以下

  • DMM英会話
  • knowji
  • 海外ドラマ視聴

DMM英会話

英会話は受け身だと効果が低いと感じている。

なので自分にとって一番効果的な状況に持って行く必要があると考えている。

私の場合はDMM英会話にあるデイリーニュースという教材を使っている。 https://app.eikaiwa.dmm.com/daily-news

具体的な使い方はレッスン開始までに Vocabulary/Articleパートを予め読んでおき、 実際のレッスンではいきなりQuestionsパートから始める。

Vocabulary/Articleパートは書いている内容を読み上げるだけなので、 レッスン中にやるのは時間がもったいないと感じたからだ。

Questionsパート以降は主に「記事を読んで自分はどういう意見を持ったか。なぜそう思うのか。」といった内容が主になるため、より実践的だと感じている。

さらにニュースを通じて文化の違いも感じることができ、単純に楽しめる。

knowji

単語の勉強として以下のアプリをやっている。

Knowji Vocab 3-6 Audio Visual Vocabulary Flashcards with Spaced Repetition on the App Store

解説も英語なので最初はツラかったが、日本語の英語アプリより単語の持つイメージが入りやすいと感じている。

最近は通勤時間がなくなったので使う頻度が減ってしまった。

海外ドラマ視聴

最近はHuluでシリコンバレーを見ている。

英語字幕で数回 -> 字幕無しで数回 -> 日本語字幕で答え合わせ の流れで見ている。

どれほど効果があるのかわからないが、少なくともリスニングの訓練にはなっていると思う。

文法 (おまけ)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)

最近は特に文法の勉強をしていないが、この本は後でもう一度読み直そうと思っている。 読み返す度に、「そういうことだったのか!」と感じる点が多い。

「ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない! 」を読んだ。

堀江さんの本は結構好きで読んでいる。 でもKindle化されるのが遅いので帰国するまで読めなかった。

すらすらと読めた。

ざっくりまとめると「お金の本質を理解して、無意識の義務感から脱出しよう」といった事が書いてあった。

この本にも登場するけど、腕に数珠を巻いてる人は営業職に多いイメージがある。あれはいったいどういうモチベーションからなのだろうか。

ウシジマくんの続きを読みたいと思ったけど、読むと辛くなるからタイミングが重要だ。

201612_アジア旅行_2

ホーチミン

初のベトナム

今まで訪れたどの国よりもバイクが多い。 f:id:Yasun:20161228171346j:plain

通貨単位が大きくて計算が難しい。 20000円で3820000ドンだった。

滞在中はフォーとバンミーばかり食べてた。ヘルシーでうまい。 f:id:Yasun:20161228200648j:plain

f:id:Yasun:20161228214524j:plain

スイティエン公園

あまりに衝撃的過ぎたので別記事にします。

ハノイ

ホーチミンに比べて寒かった。

ホテル周辺 f:id:Yasun:20161230184314j:plain

やぎのおっぱい焼き肉。フランスパンと一緒に食べる。 f:id:Yasun:20161230203003j:plain

クラフトビール店も多かった。 f:id:Yasun:20161230214232j:plain

付箋だらけのカフェ。 f:id:Yasun:20161231073654j:plain

ハロン湾ツアー f:id:Yasun:20161231134853j:plain

船の天井に大量のトランプが刺さってた。ヒソカかな? f:id:Yasun:20161231141656j:plain

謎の肉とタニシ(?) f:id:Yasun:20170101220214j:plain

台湾

もう何度目か覚えていない。

台湾のご飯は日本人好みでほっとする。 お店が大体8時くらいに閉まってしまうのが辛い。

小籠包 f:id:Yasun:20170102203332j:plain

角煮と煮玉子の丼 f:id:Yasun:20170103130835j:plain

VIVE体験ができる場所があったので挑戦した。 f:id:Yasun:20170103171458j:plain

クラフトビール飲んで帰国 f:id:Yasun:20170103191759j:plain

まとめ

今回ベトナムに行けたのが一番良かった。自分が想像していた場所と随分違った。 次回はラオス / ミャンマー / カンボジア 辺に行きたい。

201612_アジア旅行_1

既に2ヶ月以上経過してしまったが、年末年始の休みを利用してアジア旅行に行った時の事。 シンガポール → マレーシア → ホーチミンハノイ → 台湾 の順で周った。

シンガポール

2回目の訪問。とにかく暑い。

宿泊先周辺 f:id:Yasun:20161223233804j:plain

前回訪問時は時間が無く、あまり観光地に行かなかったので王道的な場所をいくつか巡った。

リバーサファリ

前回釣り上げたメコンオオナマズ

f:id:Yasun:20161224134617j:plain

ホーカーズ f:id:Yasun:20161224180302j:plain

オーチャードにあった斬新なやつ。 f:id:Yasun:20161225141743j:plain

ゲーセン f:id:Yasun:20161224194756j:plain

植物園 f:id:Yasun:20161225165713j:plain

マレーシア

こちらも2回目の訪問。シンガポールからバスで行った。

小学生の子供だけで国境越えててびっくりした。

チャイナタウンの薬草ゼリー f:id:Yasun:20161226202532j:plain

フッケンミー f:id:Yasun:20161226211325j:plain

冠記のワンタン麺 f:id:Yasun:20170306131809p:plain

マスジット・ネガラ(国立モスク) f:id:Yasun:20161227151453j:plain

試しに有料のトイレを使った。高級そうなハンドソープが置いてあったり、お絞りが出てきたりした。 f:id:Yasun:20161227184715j:plain

アロー通りで手羽先とビール f:id:Yasun:20161227201712j:plain

カエルの串焼き f:id:Yasun:20161227205730j:plain

前回訪れた時に食べたアッサムペダスというカレーの美味しさが忘れられず、 色々なお店で置いているか聞いてみたが食べることができなかった。 残念。

その2へ。

卒業後から最近まで。

近況

まとめ

語学学校を卒業した後にフリーランスしてたけど、 こちらに居なければならない理由がなくなったので、 生活基盤があるうちにもう1回留学することにした。

マレー半島横断後

セブ島に戻り仕事を探し始めた。 高速なネット環境が必要だったのでコワーキングスペースを借りた。

www.thetidecebu.com

たまにプツプツと切れるけど日本と同等のネット環境が手に入れることができた。 料金は月々4000php(9000円)。
どのコワーキングスペースも日本とそんなに変わらない価格。

就職活動

もっと英語力も伸ばしたいと考えていたので現地の企業を探し始めた。
プログラマの求人はPHPとJS/CSS/HTMLが大半を占めていたが、 JS(Angular or React)/Ruby/Go辺で仕事をしたいと考えていたのでそちらを探してみた。

かろうじて見つけたRailsの会社に生まれて初めてカバレターを送ったが、正直ひどい英語で...返事は無し。

その後も何社かとやり取りをしたり、同じコワーキングスペースを借りている会社に話を聞いたりしながら1ヶ月程フラフラしていたら、運良く日本からリモート案件の話を貰えたのでフリーランスとしての活動を始めた。

引っ越し

それまで住んでいた環境が辛かったのと、 家の前で発砲事件があったりと治安も良くなかったので引っ越した。

コワーキングスペースが土日使えないので、自宅にネット回線を引くことにした。 これがかなり大変で1ヶ月以上費やした...。

フリーランス

リモート案件ではフロントとバックエンドの両方で参加することが出来た。 フロントではAngular2やAndroid、バックエンドではRailsなどを行っていた。 初めてやる内容が多く、刺激的でとても勉強になった。

その他にもこちらで知り合った人が新たに開発拠点を立ち上げるということで、少しだけお手伝いをした。 現地のエンジニアと一緒に仕事をする貴重な経験だった。

英語学校

仕事をしているだけでは英語が伸びそうになかったので、1ヶ月間ほど週末だけレッスンを受けていた。 午前は現地の仕事、午後はリモート案件、土日は英語学校と、無計画に詰め込みすぎた感があった。

香港

途中日本に帰る用事があったので、ついでに香港に寄って帰った。
ネットは速い。食事も美味しい。ビール安い。
最高だった。

これから

現地企業で働いている妻が近々退職する運びになったので、こちらに居る理由が無くなった。

生活の基盤がこちらにあるうちに、もう一度留学することにした。

来週から約2ヶ月間、brightureという学校に通うことになっている。

おそらくこれが最後の留学になりそうなので、悔いの無いようにおもいっきり勉強したいと思う。

マレー半島を横断した。

マレー鉄道でマレー半島を横断した時の日記。

マレー鉄道のチケットについて

出国前に調べてて困ったので。

事前にマレー鉄道のチケットを買おうと思っていたのですが、マレーシア → バンコク の情報はあっても、 バンコク → マレーシア のチケット予約方法が見つかりませんでした。

過去に購入することは可能だったそうですが、オンラインシステムが廃止されており、
この記事を書いている時点では、
バンコク → マレーシアのマレー鉄道チケットはネット上では予約できないそうです。

よって、現地に行って直接予約する必要があります。

また、寝台列車は人気が高いため希望の日に予約できないことが多いと聞きました。(3日以上余分な宿泊が必要だったという人もいました)

これからマレー鉄道を利用しようとしている方はご注意下さい。

経路

こんな感じでタイからスタートしてシンガポールを目指した。 f:id:Yasun:20160509181623p:plain

タイ

関西空港から約6Hでドムアン空港に到着。

市街に到着後、マレー鉄道の予約をするためにHISアソーク支店へ。

この時パタワース(マレーシア)までのチケットしか予約できないことを知る...。

初日はマッサージに行ったりフードコートへ行ったりして終わった。

タイのご飯は安くて美味しくて最高だった。

f:id:Yasun:20160317110706j:plain f:id:Yasun:20160317111301j:plain

2日目はこの旅の目的の1つでもある巨大魚を釣りに行った。

yasun-life.hatenablog.com

マレー鉄道

3日目にマレー鉄道の出発点、フアランポーン駅へ

f:id:Yasun:20160317123652j:plain

これから乗るマレー鉄道。 f:id:Yasun:20160317130147j:plain

13:00頃出発し、20時間以上かけてマレーシアのパタワースまで向かう。 f:id:Yasun:20160317140036j:plain

ひたすらこんな景色が続く。 f:id:Yasun:20160318094042j:plain

夜になると車掌さんがベットを組み立てに来る。 f:id:Yasun:20160317183825j:plain

秘密基地感があって予想より快適だった。 f:id:Yasun:20160509182012p:plain

翌日もひたすら窓から椰子の木をボーっと眺めてた。

暫くすると前に座ってたおじさんが「何してんの!?降りなきゃだめだよ!」と言ってきたので、急いで降りた。

どうやらマレーシアへの入国手続きをする必要があるとのこと。

受付で出国カードを求められたのだけど、紛失していた。

通常であれば新しいカードをその場で貰えるので、再度記入すればいいはずなのだが、受付の警備員が「俺はしらねーぞ!!」の一点張り。

隣に居たおばちゃんが大量に手に持ってるので、それを1枚くれとお願いしても何故かくれない。

電車の出発時間も迫っていて困り果ててたら、おばちゃんが警備員が見てない所でこっそりくれた。

なんでそんな事をするのかわからないけど、自分と同じような状況の人が結構いた。

その後電車を乗り換えて、国境を超えた。

ペナン島

国境を越えると、がらっと景色が変わり、タイと違って広い草原が続いてる感じだった。

暫くしてバタワースへ到着。

その後、駅の近くにあるフェリー乗り場へ行き次の目的地、ペナン島へ向かった。 f:id:Yasun:20160318133642j:plain

ペナン島の主な移動手段はバスなのだが、本数も多く行き先も様々で難しかった。

でも、マレーの人は本当に親切な人が多くて、道を聞いたほとんどの人がバス停までわざわざ連れて行ってくれた。

世界遺産ジョージタウン

f:id:Yasun:20160318174434j:plain

f:id:Yasun:20160318180852j:plain

一本路地が変わるだけでインド系の町並みから中華系に変わったりと様々な文化が融合していて独特の町並みだった。

あと壁におしゃれな絵が書いてある場所が多かった。

f:id:Yasun:20160318181146j:plain

f:id:Yasun:20160318191917j:plain

ここで食べた「エイのカレー」がとても美味かった。酸っぱさと辛さが絶妙。また食べたいなー。

Tek Sen Restaurant (ジョージタウン) の口コミ・写真・地図 - トリップアドバイザー

f:id:Yasun:20160417014437p:plain

翌日の朝、クアラルンプール行きのバスに乗った。

クアラルンプール

バスステーション到着後、安宿が多いimplへ。

その後、BATU CAVEへ向かった。

入り口 f:id:Yasun:20160509175444p:plain

内部 f:id:Yasun:20160319160922j:plain

その後は中心部に戻り、モスクへ行ったり、ツインタワーへいったり。

夕食は屋台街で食べた。

翌日の朝、バスでシンガポールへ。

出国と入国の手続き時にバスを見失いとても焦った。

シンガポール

ゲイラン地区のドミトリーにチェックインした後に、

適当にググって評価が高かったローカルなシーフード店へ。

着席後、隣の席の家族が食べてた料理が美味しそうだったので、「同じやつで!」って頼んだらチリクラブが出てきた。

f:id:Yasun:20160320215141j:plain

恐る恐る会計を見ると、泊まってるドミトリー5泊分くらいになってた...。さすがシンガポール...。

明らかに盗品と思われる物が路上で売られていたりと、場所が場所だったので、怪しげな人たちが多かった。

翌日は観光地を一通り回った。 f:id:Yasun:20160321150240j:plain f:id:Yasun:20160321163126j:plain

がっかりスポットとして有名なマーライオンf:id:Yasun:20160321194809j:plain

「この旅もここで終わりかぁ...。」という感慨深さからがっかりはしなかった。

その後、フィッシュヘッドカレーを食べて、深夜便で日本へ帰った。

f:id:Yasun:20160321213915j:plain

まとめ

昔この記事を読んでから、いつかバックパッカーみたいな事をしたいなーと思ってて、絶好のタイミングがあったのでこの旅を決行した。

旅と執筆とプログラミング

道中では楽しかったという一言では片付けれない程、沢山の事があった。

騙されたり、助けられたり、うんざりしたり、最高だなーって気分になったり...。

でも、行ってよかったなと思うし、このタイミングで行ってなかったら後悔してたなーと思う。

今後も隙あらば旅に出たい。

次はどこに行こうかな。

メコンオオナマズを釣った。

タイのバンコクメコンオオナマズを釣ってきたのでその知見を共有しようと思います。

メコンオオナマズ - Wikipedia

メコンオオナマズを釣るために訪れたのは以下の釣り堀です。

bungsamran fishing park (ブンサムラン・フィッシング・パーク) f:id:Yasun:20160401205720j:plain

バンコクのAsokという中心街からタクシーで30〜40分くらいです。約300Bでした。

タクシーを利用する際に場所を説明できる自信がなかったのでGrabを使いました。

こちらの釣り堀はなんと24時間営業です。

施設内に入るとお店の人が簡単な英語で料金を説明してくれます。

日本語で書かれた料金表もあります。

f:id:Yasun:20160403211321p:plain

ライセンスは竿1本毎に必要で何時間居ても料金は変わらないそうです。
複数人で行ったとしても竿が1本なら同じ料金です。

バンガローとはコテージみたいなものです。
今回はボッチなので借りませんでした。

案内費はガイドを一人付ける料金です。
初心者は基本的にガイドが居ないと釣るのは難しいらしいです。

ライセンス料 2000B
竿のレンタル料 600B
ガイド料 1000B
網のレンタル料 60B
餌 600B
合計で4260Bかかりました。

結構高いです。
でもメコンオオナマズを釣るためなのでしょうがないです。

中に入るとこんな景色が広がっています。

f:id:Yasun:20160403215222j:plain

釣り堀というより湖に近いです。 奥に見えるのがバンガローです。

彼がガイドです。

f:id:Yasun:20160403215427j:plain

少し日本語が話せました。 名前は忘れました。

到着後にやることは、竿を立てるベルトを装備するだけです。 f:id:Yasun:20160403215627j:plain

あとは彼に委ねます。 f:id:Yasun:20160403215550j:plain

ぼーっと風景を眺めてるとガイドの人から「ツレタ!!」と声がかかります。

フッキングまでやってくれている状態で竿を渡されます。

あとは先ほど装備したベルトに竿をセットし、巻き取るだけなのですが....とてつもなく重いです...。

油断すると水中に落ちそうになります。
必死過ぎてガイドに爆笑されました。

戦うこと数十分。

 
 
   

f:id:Yasun:20160403220743j:plain

すごいのが釣れた。

記念撮影をしようと近づいた所。。。。 f:id:Yasun:20160403233256j:plain

ヌメヌメが付いた。

このヌメヌメがとても臭くて中々落ちないため、開始早々ブルーになりました。

この後も f:id:Yasun:20160403234136j:plain

ガンガン f:id:Yasun:20160403234206j:plain

釣れる。

f:id:Yasun:20160403234327j:plain

釣り場から食事を注文する事もできます。

f:id:Yasun:20160403235232j:plain

グリーンカレーを頼みました。 f:id:Yasun:20160403235400j:plain

ボリュームが多くて美味しかったです。

お腹がいっぱいになったので施設内を散策します。

f:id:Yasun:20160403235706j:plain 釣具ショップ。

f:id:Yasun:20160404000213j:plain 売店

f:id:Yasun:20160404000248j:plain パンダ

f:id:Yasun:20160404000120j:plain マッサージ。

f:id:Yasun:20160404000020j:plain ピラルクも釣れるとか。

f:id:Yasun:20160403235854j:plain バンガロー周辺。

もう巨大魚を釣り上げる体力が残っていないことをガイド伝えると「君は何をしに来たんだ。」と言われました。

もっと小さい魚を釣らせて欲しいとお願いすると、こんな仕掛けを作ってくれました。 f:id:Yasun:20160404001040j:plain

パンを撒きながら待ちます。 f:id:Yasun:20160404001256j:plain

ブルーギルに似たやつが釣れます。 f:id:Yasun:20160404001332j:plain

この後も小魚を釣って遊んでいると、

f:id:Yasun:20160404002702j:plain ヌメヌメが乾いたので再びGrabを使って帰りました。

まとめ

バンコクからのアクセスも容易で、初心者でも手ぶらで釣ることが出来るのでとてもオススメのスポットです。

一人で行くと少し割高なので、複数人で行って1本の竿をシェアするのがいいと思います。

ヌメヌメを回避する為にカッパなどの用意が必須です。