読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピンへ下見に行った。 その2

その1

7/20(月)

起床後、換金するために「グリーンベルト」というショッピングモールへ行くことにした。

ホテルを出て2歩くらい歩いたタイミングでタクシーがやってきた。

なんて良いタイミングだ!と思いとりあえず乗ってしまったのが大きな間違えだった...。

乗ると「今日は混雑してるからメーターを使いたくない!200ペソでどうだ!」と言われた。

この時点で空港以外の初のタクシーだったので、「まぁこんなもんなのかなぁ...」 と思いとりあえず値切って150ペソで乗せてもらうことに。

フィリピンのタクシーには、車内にタクシーを識別するための番号が書かれているのだが、そのタクシーは番号が何かで削り取られていた。

こちらも、「まぁこんなもんなのかなぁ...」とスルー。

しばらくして目的地に着きお金を払って降りようとすると、ドアが全然開かない。

開かないんだけど...。と伝えると「うそ!?マジ!?どれどれ?」と運転席から上半身を乗り出して振り向き、後部座席のドアを叩いたり、開ける素振りを始めた。

「まぁこんなもんなのかなぁ...」と思っていると、手が僕のポケットに突っ込まれていた。

慌てて手を振りほどき、「No!!」と言うと「ノープロブレム(笑顔)」と更にポケットに手を入れてくる。

しばらく、ポケットに手を入れてくる→「No!!」→「笑顔」のやり取りを繰り返した後、ドアが開いた。

どうやらチャイルドロックをかけられたようだった。

ノープロブレムでは、ない。

グリーンベルトへ行くと閉まっていた。

オープンするのは11:30~ くらいだと言われ、しょうがないので近くにあった木造建築の換金所で両替した。

この時点でグーグルマップを見て気がついたのだが、グリーンベルトとホテル、超近い。

距離を誤魔化された上、携帯を奪われかけたのかと思うと凹んだ。

コンビニのフードコートで暫く休憩したあと、気を取り直して観光へ行った。

その後ビビりながらもタクシーに乗って、地球の歩き方に載っていたマニラ散策コースに行くことにした。

次に乗ったタクシーの運転手は僕が日本人とわかるとユーミンの曲を色々流して「コレ知ってるか?」「俺歌えるんだ!(熱唱)」とかなりテンションが高かった。

歌詞の意味を教えて欲しいと言われたけど、英語力の無さで上手く伝えられなかった。残念。

おかげで沈んでた気持ちも少し元気になった。

散策コーススタート地点に到着後、予想以上の下町感に驚いた。

途中まで歩いていたけど足が痛くなったので諦めてタクシーでゴールのマニラ大聖堂まで移動した。散策とは一体何だったんだろうか。

f:id:Yasun:20151020003602j:plain

見学するところは狭くてすぐに終わってしまった。

外に出るとトライシクルの勧誘と少年たちからの熱烈なお誘いを頂いた。もちろん断った。

そこから帰ろうとタクシーを探したが、全然見つからない。

タクシーを求めてウロウロしていると信号で3人組女性(家族)に出会う。

事情を話すと一緒にタクシーを探してくれるとのこと。

僕が泊まっているホテルを伝えると、「同じ系列のホテルに泊まってるよ!!」と言われ、流石に警戒し始めた。

「目的はなんだ...!?」と伺ってると30分後くらいに「トイレ行きたいから、またね!」と居なくなった。

最後まで謎だった。

そこからも全然タクシー捕まらないでとりあえずショッピングモールのタクシー乗り場に行ってみたが、長蛇の列。

1時間以上経過しても1組しか乗れていない...。

この日は午後からとある会社に行く約束があったので、遅れる旨を連絡するとUBERを手配してもらえることになった。

道路も混んでいて結局2~3時間以上の遅刻をしてしまった...。

ここまで何度かタクシーに乗りましたが、基本的には普通に走ってくれました。

ただ、最初に乗ったような悪いタクシーも多いとの事なので、これから行く人はタクシー利用はオススメしません。

UBERやホテルのタクシーを使ったほうがいいです。

その3へ